更年期が辛くなる人の特徴は性格的な問題と体質的な問題

更年期とは閉経を迎える45歳から55歳ぐらいに女性ホルモンの減少でエストロゲンが減り、体に様々な体調不良が起こることをいいます。

症状としては主に3種類に分かれていて、身体的な症状はほてり、多汗、動悸、手足が冷える、頭痛、めまいなどの自律神経失調症があり、精神的な症状は、イライラが抑えきれないほどの怒りの感情の起伏、抑うつなどがあります。
他には間接痛や食欲不振、皮膚の乾燥などがあります。

更年期の症状は人によって現れ方は違いますが、60%から70%の人はなんらかの症状があったと言われます。重度の症状で更年期の治療をするケースは全体の20%程度と言われています。

更年期の症状の違いは、エストロゲンの減少の違いで症状の程度が違うと言われ、エストロゲンの減少が急に加速して減少する人は症状が重くなるようです。

更年期の症状の現れ方には違いがあり、強く辛い人の特徴としては、元々の性格もありますが、神経質で真面目であったり、小さな事でくよくよ悩むような人や、完璧主義で人に頼ることができず、一人で何でも抱え込み、頑張りすぎる人は、精神的な症状がでやすくなります。

更年期の頃の年齢は、子供の自立や親の介護などが重なったり、パートナーとの不仲や職場での人間関係がうまくいってない人など、ストレスで更年期が辛くなる人が多くいます。

逆に更年期が起こりにくい人の特徴は、前向きであまりくよくよしない、一人でイライラや悩みを抱えこまない性格の人、日頃から適度に運動をして、筋肉も使い、ストレス発散などの方法をしっかり持っていて気分転換が上手にできる人は更年期の症状が出にくいといいます。

更年期の不調を軽くするには適度な運動が必要だといいます。強い運動をしている人より中度の運動はイライラや憂うつ感が軽いと結果がでているので、ウォーキングや水泳など中度の運動をするようにしましょう。

更年期が辛くなりそうな症状に当てはまる人は、普段から予防をしておくようにしましょう。一番大切なのは、ストレスを溜めこまないことです。くよくよ悩む人は、元々の性格を変えるのは難しいですが、思いつめずに悩んだ時は、少し深呼吸をして、考えかたを変える訓練をしていくように心がけてください。

今まで多忙に生きてきたのですから、少しのんびり休養をしてみてもよいのではないでしょうか。ゆっくりと自分の好きな事を見つけ、好きな趣味を見つけ、更年期の時期がきたら頑張りすぎるのをやめてみましょう。あわせて読むとおすすめ>>>>>更年期 40代 女性のサプリメント